雑記

インスタグラムにはSTORYという投稿機能がある。

STORYを使って投稿をすると、投稿後24時間で投稿が削除される。

僕はインスタグラム(以下インスタ)のこの機能を、昨日初めて知った。

そしてその事について少しばかりショックを受けている。

今日はその理由について手短に語りたい。

〜〜〜

僕の知り合いにインスタのSTORYを使って投稿している人がいる。

昨日までの僕は、STORYの仕様を知らなかったので、投稿が消えることについていつも疑問に思っていた。

「なんですぐに投稿を消すんだろう?」と。

昨日その人と会う機会があったので、そのことについて聞いてみた。

「どうして君はインスタの投稿をすぐに消すんだい?」と。

そして返ってきた返事が、

・投稿は消していない

・STORYという投稿機能を使って投稿している

・STORYで投稿すると24時間後に投稿が勝手に消える

というものだった。

〜〜〜

僕はこの返事を聞いた瞬間、ちょっとしたジェネレーションギャップを感じてしまった。

その知り合いは僕よりも6歳若い、ちょっと前まで高校生だった位の年齢の人である。

〜〜〜

ショックを受けた理由は2つある。

一つ目は自分がこのSTORYという機能を知らなかった事自体についてである。

なぜ自分が知らないのかというと、それはつまり、知っている集団に属していないからである。

自分より若い世代でインスタを使っている人は、身の回りにSTORYを使って投稿する人がいて、その機能についても知っている。

流行りのアプリに手を出してみたはいいが、メインのユーザーと世代がズレてしまっているなぁと思ったのである。

そして重要なのが理由の二つ目だ。

このSTORYという機能が若い世代の間で”流行って”いて、”使われて”いるということである。

僕はこのSTORYという投稿機能について全く共感できなかった。

自分にとっては写真を”管理”する事が1番の目的なのだ。

僕はインスタは写真(あるいは動画)を”共有”して”管理”するプラットフォームだと捉えている。

日常の一コマを後で見返しやすいように置いておく場所。それがインスタなのだ。

ただ、自分より一回り若い世代にとってはそれだけではない。

STORYという投稿が1日で消える機能を使って共有する。

若人は写真の管理を目的としない。

一瞬の共有のみを目的としている。

僕にはその感覚が分からない。

僕はこの2点で、その人と確実な「じぇねれーしょん・ぎゃっぷ」を感じてしまった 。

ああ、自分もおじさんになっちゃったなぁと。

〜〜〜

とりあえず今は一度STORYで投稿しようかと思っている。

100ワニのグッズを買ってきて、24時間後に消えるワニ、とでも銘打って。

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました